知識がなくてもできる

もっと明るいライトにする

どのような車でも、照明は備わっています。
それをLEDライトに付け替えるカスタマイズがあるので、やり方を詳しく調べましょう。
ライトを変えると、雰囲気が大きく変わります。
また明るさも倍増し、キャンプに行く時などに重宝するでしょう。
お店に行くと、白やオレンジといった色の照明を見つけられます。
温かみがある色にしたい時は、オレンジを選択しましょう。

照明を付け替える際の作業は簡単で、カバーとバルブを外し、パーツを交換するだけです。
カバーを外す時は、ドライバーが必要なので準備しましょう。
余計な部分を傷つけるのが不安だという人は、周辺にマスキングテープを貼るのが良い方法です。
すると、周囲を保護しながら作業を進められます。

スマホを充電できるように

USBポートがあることで、車内でもスマートフォンを充電できるようになります。
外出先で、充電がなくなりそうになった時でも安心できますね。
キャンプや停電などの災害が起こった時に助かるので、早めにUSBポートを備えておくことをおすすめします。
まずはパネルを外して、カプラーというパーツをUSBパーツにはめていきましょう。
綺麗にはまったら、パネルを元に位置に戻してください。

これだけで、作業が完了します。
非常に簡単ですし、工具を一切使いません。
パーツさえあれば誰でも、短時間で終わります。
ただサイズが大きかったり小さかったりすると、取り付けられません。
事前にどのくらいのサイズなら良いのか調べて、正しいものを選びましょう。


この記事をシェアする