どんな風にカスタマイズできるか

様々な柄のリメイクシート

家具や壁に貼り付けることができるリメイクシートが、100円ショップで売られています。
それを車内の様々な場所に活用できるので、個性を発揮したい人は使ってください。
リメイクシートは、好きなサイズにハサミでカットできます。
貼り付けたい場所が決まったら、その大きさに合わせてカットしてください。

リメイクシートはモノクロのタイル柄だったり、カーボンシートデザインだったりと種類が豊富です。
まずはどのような車内にしたいのか、雰囲気のイメージを決めましょう。
そして端から、ゆっくり貼り付けてください。
作業自体は簡単ですが、雑に行うと空気が入り、シワができてしまいます。
すると見栄えが悪くなるので、空気を抜きながら貼り付けてください。

温めながら作業をしよう

うまくリメイクシートを貼るには、温めながら行うのがコツです。
すると接着能力が増し、剥がれにくくなります。
ライターを使ってあぶる方法でも良いですが、火を使うのは初心者には難しいのでドライヤーを使ってください。
カーブしている部分は貼り付けにくいので、少しずつ作業を進めましょう。
どうしても作業が難しかったら、実際の場所よりも少し大きめにリメイクシートをカットしてください。
そしてあとで余分な部分を切り取ると、見た目が綺麗になります。

逆に貼り付けたい場所より小さくリメイクシートをカットすると足りず、そこだけ穴が開いているように見えます。
あとからその部分にだけリメイクシートを追加するのは、さらに難しいと覚えておきましょう。


この記事をシェアする